August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

美味しいお味噌はここから〜備前・馬場商店に行きました!後編

長らくひっぱってしまってすみません・・・^^;

ということで、前回のブログの続きで
岡山・備前の老舗お味噌屋・馬場商店さんを
見学させてもらったリポートです!
(よろしければ馬場商店訪問記・前編もごらんください→



*****

我が家はほぼ毎日、馬場商店さんのお味噌を使って
お味噌汁を飲んでいるのですが
ずーーーっと気になっていたことがありました。。

お味噌のパッケージにこんなことが書いてあるんです。




備前焼熟成・・・?!

お店がある香登は備前焼でも有名な町なのですが
だからといって備前焼を利用して味噌を仕込む・・・
というのがどういうことなんだろう??とずっと思っていたのです。

確かに、馬場商店さんのお味噌はまろやかでやさしい味なんですよね。
その秘密を知るのが今回の見学でも一番興味がありました!




ということで、味噌を熟成させているお部屋を見せていただきました。

馬場5


馬場商店さんでは何種類ものお味噌を扱っているのですが、
それぞれのお味噌によって熟成期間もバラバラ。
ですので、このようにものすごく大きな樽がいくつもありました。
お部屋に入ると何とも言えないお味噌独特の香ばしい香りがほのかに・・・♪


ですが、この樽は見てもらっても分かるとおり
備前焼でもなんでもありません。
ではどうやって「備前焼熟成」をしているのかというと・・・


馬場6


なんと!!!
こちらの備前焼の棒をそれぞれの樽に数本入れているそうです!
この発想はまったくなかったのでびっくりしました@_@
持たせてもらいましたが、ずっしりと重みがありました。
もちろん、特注品です!

冒頭のパッケージにもありましたが、
備前焼はある種の遠赤外線を放出しているそう。
よく「備前焼のカップで飲むお酒はおいしい」などと
言われるのもこの遠赤外線が作用しているからだとか。

ここに目をつけた社長さんが味噌を美味しく熟成させるために
備前焼を使うことを考えたそうです。
また、このように棒状にすることで樽の中に満遍なく遠赤外線が循環し
お味噌がむらなく美味しくなるようです!

備前焼・・・岡山が誇る伝統技術ですが、
こんな素晴らしい特徴があったなんて!!
そしてそれを上手に利用された社長さんのおかげで
こんなに美味しいお味噌が食べられるんですね^^



これが前回ひっぱった(笑)美味しいお味噌の秘訣です☆




*****


入り口すぐのところには取り扱い商品がずらりと置いてありました。




馬場商店さんは実は海外の有機認証もとられています!!





ですので、海外販売用の味噌も見つけました♪




海外では写真のように、味噌をディップして食べたりするそうです。
海外にまで通用するお味噌がこんな身近にあったとは・・・!




岡山中央水産では
馬場商店さんの「田舎みそ」「白みそ」「塩麹」「甘酒」
などを販売させていただいてるのですが
今回、お話を聞いて興味深いものがたくさんあったので
ついつい色々と購入してしまいました〜!




社長さんイチオシの桃太郎金山寺(一番手前)は
もろみ味噌なのですが、佃煮のような感覚の
まさにおかずになるお味噌!
こちらはすぐに気に入って、入荷をお願いしました^^
本当に美味しいんですよ〜〜〜!!!
今は岡山中央水産の店頭でもご覧いただけます。


あとは、ちょうど使っていた田舎みそがなくなったので
紅糀みそ(奥右から2つめ)で最近お味噌汁を作っています。

紅麹はコレステロール低下や血圧低下に効果のあると
いわれていて、馬場商店さんのお味噌の中でも人気の商品。
素朴な味わいが美味しい田舎みそと比べると
より旨みが濃厚で、これまたすぐに大ファンに♪♪
我が社のにぼしだしと合わせたお味噌汁はホント最高です(笑)
こちらも近いうちに取り扱いの予定ですのでお楽しみに!




とっても美味しいお味噌を丁寧に作られている馬場商店さん。
ぜひみなさまも一度お試しください!おススメです(^-^)

馬場商店さん今回はめったにみることのできない
味噌作りの裏側を見せていただきありがとうございました!





■岡山中央水産Facebookページが出来ました!
 こちらもよろしくお願いします^^

 http://www.facebook.com/tyuusui





pagetop