March 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

美味しく楽しく食べる!〜我が家流の食育

こんにちは!

今年はお花見シーズン、
お天気があまりよくないですね。。残念。
昨日はぎりぎり曇り空で
お花見楽しんだ方も多いのかな?
市場も朝からにぎわっていました!



我が家は、先日1日だけ晴れた日に
近所の公園へ・・・





きれいってわかるのか?珍しいのか?
分からないけれど、息子くんも
初めて見る桜に興味津々でした桜



そんな息子も先日10か月になりました!
この前生まれたばっかりなのに、
もう1歳目前なんて信じられません…!!








昨日の晩御飯は我が家の定番、
出汁がたーっぷりきいたお好み焼き





昨日はちょうどかつお昆布出汁を取った
ばかりだったので贅沢に出汁で粉を溶き、
さらに今最高に美味しいひらごちりめんを
ふんだんに入れて作りました。
仕上げの青のり・かつおたっぷりも欠かせません♪
お豆腐入りなのでもちもちフワフワかつヘルシー♪
お好み焼きを外に食べに行くことって
ほとんどなくなりました〜



私たちが大好きなこのお好み焼きを
息子も将来パクパク食べてくれるかな〜?
なんて思いつつ、昨日はついでに
息子用にも特製お好み焼きを作ってあげることに。





大人と同じように
かつお昆布出汁で米粉を溶いて、
塩抜きして刻んだひらご、下茹でした
キャベツやニンジンなどのお野菜もたっぷりと入れて
油なしで焼いたら息子用お好み焼きの完成!

出汁がきいてるからか、そのまま
手づかみでパクパク!
2枚ペロリとたいらげました♪
うーん、嬉しい!
作りがいがあります!









”食育”というと大げさですが、
やはり子どもには本物の味、素材の味を
しっかりと味わえるようになってほしい

と思っています。
まっさらな舌を持っている今だからなおさら。

母乳だけの生活だったのが
離乳食を始めて、いろいろな食材を
ひとつずつ初めて食べていく息子。
初めての食材を食べた時は
「あまーい!」とか「すっぱーい!」とか
全身でその味を感じているのが
私たちにも見て取れて
それがとても新鮮で、とても感動。

以前読んだ本で、
「味覚は3歳までにつくられる」
というのがありました。
この言葉がすごく心に残っていて、
そして日々のこういった息子の反応を見ていると
子どもの食事って本当に大事だなぁと
身をもって感じているところです…!






乾物屋の息子として生まれたシャチョウも
小さいころから乾物の味、乾物のある食卓に
慣れ親しんでいるので、
大人になった今でも素材味が大好き。
その姿を見ているから、
ぜひ息子にもそうなってほしいものです。

もちろん、
将来インスタント食品を食べたり、
外食したりすることもあると思います。
でもその時に
「やっぱり家のご飯がいいなぁ」と
思ってもらえるような
そんなご飯をこれからも作っていきたいです!
…と、書くのは簡単ですが
実際毎日のこととなると大変ですよね(^^;)
世の中のお母さん方を本当尊敬します!!





とりあえず、まずは
食育食育・・・と身構えずに
「美味しく楽しく食べること」
「みんなで食べると楽しい!」

そんな感覚を身につけてもらうのが目標☆
そのためには私たち大人も
美味しく楽しい食事を心がけないといけませんね^^
大人の食事作りにも一層力を入れなければ!!
お母さんの大事なお仕事だと思って
頑張ります!\(^o^)/
同じようなお母さん方はもちろん、
家庭で料理をされているみなさま
一緒に頑張りましょう♪





 

【乾物で離乳食】 赤ちゃんも大人も!ひじきのある食卓

こんにちは!
昨日・今日と連休はとーってもいいお天気☀
ぽかぽか陽気に誘われて
市場もたくさんのお客様で賑わっています!

今日も午前中はお土産を買われる
お客様が多くいらして
これからどこかへお出かけかな?
という方がいっぱいでした^^
来週はまた寒くなるとも言っていましたが
この気候だと色々お出掛けしたくなりますよね♪






先日ご紹介した牛窓産の生ひじき
わが家でもすごく重宝しています!!


iPhoneImage.png


今までも定期的に乾ひじきを炊いて
常備していたのですが、
生ひじきになってまたさらに
調理のハードルがさがり
食卓にあがる率もますますアップ♪



そして、
今何よりも重宝しているのが
息子の離乳食として!

ひじき煮をおかゆに混ぜて
ひじきがゆにするのが定番ですが…





ある日は
ひじき煮を豆腐とあえて白和えに。(右上)
つるっとのどごしもよくてパクパク
食べられます!
これは大人バージョンでも
よく作るメニューです♪





そしてとある日は
黄身と出汁にひじき煮を混ぜて蒸した
なんちゃって茶碗蒸し風に。
色々なものから旨みがたっぷり出て
9か月の息子も大満足なメニュー!
最近のお気に入りです♪



…と、一品あれば
ほかの食材との組み合わせ次第で
何通りものメニューに変わるひじき煮。

現在、息子は3回食となり
大人と同じように一日三食。
となると大人の食事+離乳食×3って
考えるのも作るのも
結構大変なんですよね(^^;)
同じメニューばかりだと飽きちゃうし。

そんな時にぱっとアレンジできる
万能食があるとお母さんも楽ちん♪
その上栄養価も高いので
進んで食べさせたい食材です!

9か月頃は母乳やミルクより
離乳食からの栄養摂取の割合が増えるので
鉄分不足になりやすい時期。
その点でも鉄分豊富なひじきは
たーっぷり食べさせてあげたいと思います。






昨日の晩も
息子用ひじき(手前)と大人用ひじき(奥)
を同時進行で調理〜!


息子用の離乳食ひじきは
ひじきを食べやすく細かく刻んで
同じように細かく刻んだ野菜
(我が家は人参・玉ねぎのことが多いです)
と一緒に軽く炒め、
ひたひたくらいのかつお昆布だしを
煮含めて煮汁がなくなれば完成!
調味料を使わなくても
うまみがあってとっても美味しく
仕上がりますよ♪


ちなみに、
奥の大人用ひじきは
いつも醤油やみりんで炊くのですが
今回は
にんにく・唐辛子・オリーブオイル・塩で
ちょっと味付けを変えてみました^^
洋風の味付けにしてみたので
オムレツやパスタなんかに合いそうです!



ひじきのある食生活、
美味しくて健康にもよくて
おすすめですー(^^)/★
みなさんの美味しいひじきアレンジ
もあれば教えてくださいね!







 

【乾物で離乳食】 初期から使えるちりめんで旨みアップ!

こんにちは!

今日は春なみのお天気ということで
市場も心なしかポカポカ・・・晴れ
まだまだ寒さはぶり返しそうですが
早く暖かい日が続くといいですよね♪





さて今日は乾物屋の食卓より。


我が家のもうすぐ9ヶ月になる息子くん。
5ヶ月終わりから始めた離乳食ですが、
ちょっと前までは3口くらい食べると
「ウギャー!」「エ゛ーーーン!!」
と、それはもうイナバウアーもびっくりの
勢いで反り返って拒否。。。

それがここ最近、やっと落ち着いて、
というか逆にすごい速さで食いつくように(笑)
特に食材を変えたとかはないので
慣れたんでしょうかね〜??
最近はさらにちょっと柔らかめの固形物が
モグモグできるよう練習中です◎



こういう過程を見ると、
今自分自身がほとんど好き嫌いなく
いろんなものを食べられることが
当たり前だけどすごいことなんだなぁと思います!
最初は食べ物を口に入れて、飲み込む
ところから練習ですもんね。





そんな息子くんの離乳食作りにも
乾物はかなり役立っています!!

出汁はもちろんですが、
それ以外の食材でも
使える乾物はたくさんあるんですよ〜!



5〜6か月頃のいわゆる
「離乳食初期」と呼ばれる時期から
活躍しているのがこちら。



中央水産でも大人気!大人も大好き
ちりめんです!

タンパク質であるお魚類を食べ始める時に
ちりめんデビューもしました♪


最初こそ、ちょっと舌にザラザラした食感が
残るのがびっくりしていましたが
味自体は野菜や出汁では味わえないような
旨みが感じられたようでとても美味しそう^^
今でもちりめんとお野菜を混ぜたものなど
パクパク食べてくれます☆




ちりめんはそのままだと塩分がきついので
まず下処理として塩抜きをしなければいけません。



沸騰したお湯に使いたいだけの分量の
ちりめんを入れること数分…



段々と色が変わり透明に近くなってきたら
塩も抜けてきています。
少しつまんでみて味を見てくださいね。
湯通しすると旨みも抜けてしまいますが、
それでも全くなくなるわけではありません!



これをその時々の段階に合わせて
すりつぶしたり、細かく刻んだりして
メニューに加えればOK☆
ちなみに私は
毎回この作業をするのは手間なので
この状態で一回分ずつに分けて冷凍して
使うときに温め直して使っています!
一度にやってしまえば
食事の準備もぐんと楽になります♪






最近のお気に入りメニューは
このちりめんをさつまいもや里芋などと
混ぜて食べるちりめんマッシュ!(写真右)
これだとちりめんのザラザラ感もあまり感じず
食べやすいようでよく食べています!



小さいころから乾物をいっぱい食べて
乾物好きになってね〜と
願いを込めながら日々調理中(笑)
1つ家にあると
大人も赤ちゃんも大満足のちりめん、
ますます欠かせなくなりました!






※明日、25日(水)は休市日のためお休みさせていただきます。



 

乾物屋として子どもの食について考える

こんにちは!
もう1月も終わってしまいますね。。
この前おせちを食べたような気がしますが^^;
なんだか、年々時間の過ぎるペースが
早くなっていきます〜〜!





さて、今日は我が家の食事情について。

もうすぐ8ヶ月になろうとする
息子がいるのですが
そんな息子もただいま食の勉強中☆
そう、離乳食を食べさせています!


一般的に最近の離乳食は
5〜6ヶ月からスタートと言われていますが
息子は5ヶ月終わりからスタートし、
早2ヶ月が過ぎました〜!





最初はごくごく少量を、
しかもサラサラの状態にしたものだったのが
今では柔らかいものなら少し粒を残していても
だんだん食べられるように!
ものすごく美味しいものは写真のように
手で私の手をがっちりホールド(笑)
ちなみに一番好きなのはお粥さんのよう。
日本人ですな〜〜^^



2ヶ月過ぎると、
食べられるものの種類もどんどん増えてきて
やっと離乳食作りがメニューっぽくなってきました!
(それまでは野菜などを単品でゆでて、
すりつぶして、のばして〜くらいしか
できなかったので。。)



ここ数日の離乳食あれこれ〜
基本白いお粥が好きですが、
日によっては野菜と合わせてみたり、
きな粉を少し載せてみたり。

そして、副菜となる
野菜やタンパク質(お魚や豆腐)メニューに
今、欠かせないのが
なんといってもお出汁!!!
これらを組み合わせてスープにしたり、
とろみをつけてあんかけ風にしたり、
納豆などそのままで食べにくいものを
伸ばすのに使ったり・・・
もう毎食欠かせません!!


もちろん、お湯や水でも代用できますが
それって本当に素材味・・・
お出汁をちょっと加えるだけで
天然の旨みがプラスされるので
大人が味見しても「オッ!」と思います♪



当の息子くん、
出汁なしでも基本嫌がらず食べてくれますが
出汁入りのメニューは気持ちパクパク
食べてくれる気がします^^
もう少し月齢が進んで、食事の量も増えると
その違いはよりはっきりしそうですよね!





そんな出汁をはじめ、
子供にも積極的に食べさせたい乾物。
使ってみたいけど
難しそう、手間がかかりそう、、、
なんて敬遠されがちですよね。。
でもでも、実はそんなことはありません!
手軽に使える乾物の使い方、
いーっぱいあります!




ちなみに、
離乳食作りに欠かせないお出汁は
こんなふうに。





一度、1リットルほどのお出汁を
(この時はかつお昆布出汁)
まとめてとるのがオススメ!
毎回最初からなんて、やってられません!笑

出汁は冷蔵でも保存が2〜3日くらいなので
製氷皿などに一回分ずつ小分けにして
冷凍して保存しています。
使うときには加熱して解凍すればOK!
大人の食事にももちろん使えるので
これはやっておいて損はありませんよ〜〜♪♪

市販のだしパックや、赤ちゃん用のだし・・・
なんてものまで今は売られていますが
やっぱり自分の目で安全な素材を選んで
作ったお出汁は安心感が違います!!!





私も日々勉強中ですが、
やはり子供のためとなると頑張れる!
そんなお父さん・お母さんは
多いのではないでしょうか??(^-^)


なので、これから
少しずつではありますが
そんな我が家の食卓もUPしながら
「子どもと食」についてもこのブログで
綴っていきたいと思います〜!

子供の味覚が決まるのは3歳までの食事!
だそうで・・・
乾物屋の息子くん
これからスパルタ味覚教育が
始まりそうです!!(笑)




※明日、28日(水)は休市日のため、営業をお休みさせていただきます。




 
1
pagetop