November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

美味しいかつお節はここから〜采女商店に行ってきました!その2

みなさま、こんにちは!
今週もいいお天気が続いて嬉しいですね♪
岡山中央水産ものんびり営業しております。



さて、しばらく間があいてしまいましたが
岡山の老舗かつお節問屋
采女商店さん
への
見学シリーズ、続きです!
(その1はこちらからどうぞ→


この日は工場見学だけでなく
采女商店・社長さんによる原料についての
貴重なお話も聞かせて頂きました!





手に取っているのはかつおの荒節。
こちらは4圈■kg、6kg…と大きさによって
ランク(価格、味など)が変わってくるそう。
それぞれの大きさ別に並べてくださっていました。
一度に見比べる機会はなかなかないので
大きい物は本当に立派でした!貴重品です!






そして、こちらはかつお以外の様々な原料。
これらも削り節となります。

これまたいろんな種類の原料を一気に見せて下さり
普段、なかなか見る事が出来ないものばかりなので
とても勉強になりました〜!





わが社でもお問い合わせの多いアゴ原料。
アゴとはトビウオのこと。





それぞれの原料は
上・燻製されたもの、下・燻製されていないものがあり
これも同じ魚でも風味が全く変わってきます。




かつお以外のさば、うるめ、あごなどの原料は
混合削り節として重宝されています!
(写真手前の袋に入った茶色い削り節が混合削り節)
かつお節よりも濃厚で風味の強いお出汁が取れるので
うどんやそばのつゆなどに使用されることが多いです。

また、これらの原料も自然相手なので
采女商店さんではひとくちに「混合削り節」といっても
その時々によって原料の配合も調整しながら
いつでも美味しい削り節をつくってくださっています!
これも長年の経験がないとできないことですよね。
さすが老舗の采女商店さんです!





かつお節も以前ご紹介した花かつおだけでなく、
糸目削りと呼ばれる細かいかつお節など
豊富な種類を取りそろえておられます。
私も早く、用途に合わせて
いろいろな種類を使いこなせるようになりたいです…!









左から二番目の方が采女商店・社長さん。
お忙しいなか、私たちの為に
た〜っぷり時間を取って隅から隅まで案内してくださいました!



社長さんもおっしゃっていたのですが、
やはり商品のことを良く知って、正しい知識を持って
それをお客様にしっかり伝える事がいかに大事かということを
あらためて教わりました。

私たちは乾物を中心とした多くの商品を扱っていますが、
こうしてひとつひとつ、理解を深めていくことで
またお客様にもしっかりご案内できるように
ならなければいけないな〜と強く思います!





采女商店さん、この度は本当にありがとうございました!
采女商店さんの削り節は本当においしいので
みなさまもぜひ一度お試しくださいね♪




 

美味しいかつお節はここから〜采女商店に行ってきました!その1

こんにちは!
今日も気持ちの良いお天気ですね〜
冬の間はそれはもう、凍てつくような寒さだった市場ですが
だいぶポカポカと暖かさを感じれるようになってきました♪
ぜひぜひみなさま、遊びに来てくださいね(^-^)/





先週、水曜日休市日のためお休みをいただいていた
岡山中央水産ですが、
実はスタッフみんなでとあるところへ行っていました。

それは岡山の老舗かつお節問屋・采女商店さん!
岡山中央水産も、それはそれは長いお付き合いで・・・
店頭でもご好評の花かつおなどなど
たくさんの商品でお世話になっております。


iPhoneImage.png


采女商店さんでは、
こういったかつお節の製造も自社で行っているということで
かねてから希望していた工場見学をこの度させてもらったのです!

この日はあいにくの大雨・・・ということで外観写真が撮れなかったのですが
社内の隅から隅まで社長自らご案内していただきました。
入った瞬間からかつおのいい香りが漂っていました〜^^



まずは花かつおの製造工程から!
原料であるかつおの節を
蒸気がムンムンのこちらの機械に入れていきます。



こちら、中は400°C以上という高温のスチームが充満しており
中に入れることでかつおの旨みを引き出しているのだとか。
この機械自体も特殊なもので世界になんと1台!




そして、スチームを通り抜けたかつおが
反対側からゴロゴロと出てきます。
固かった節も出てくる頃にはグニャグニャと
手で曲げることができるほどのやわらかさに。
鰹節とは固いものを削ってできているイメージだったので
これにはびっくりでした!




そして、スチームにかけられたかつおは次の工程へ。



こちらも年季が入った機械ですね〜!
上に連なっている筒状の部分に、
1本ずつかつおを立てて入れていくと・・・



ものすごいスピードで花かつおが量産されていきます!!
この時は写真のような大きめの花かつおでしたが
この機械の刃の部分を色々と調整することで
大きさ細かさの違う様々な種類のかつお節を製造しているそうです。




できた花かつおはふるいにかけられて
そして素早く計量・パック詰め。
采女商店さんの花かつおはパック詰めの際に
ガスを充填しているので開けるまで新鮮さが損なわれません!

もちろん、ここ岡山市内の工場でこうやって節から削って
常に新鮮な花かつおを運んでくださっているので
美味しいのは当たり前ですよね〜!
我が家も花かつおは采女商店さんのものでないとダメなのですが
美味しさの理由がまた1つわかった気がしました^^



奥では花かつお以外の商品も作られていました。



かつお以外にも混合削り節という
色々な種類の魚を合わせた商品があるのですが
そちらを作っているようです。

一般的には”かつお節”とひとくくりにされがちですが
種類も様々で、もちろんその味も全然違うので
用途に応じて使い分けができると
またひとつお料理上手になれます!
岡山中央水産でも、もちろん色々な種類を取り揃えているのですが
私はまだそのうち2種類くらいしか使いこなせてません^^;
まだまだ勉強あるのみ、ですね!!
その、様々な種類・・・については長くなったので次回ご紹介いたします☆





まずはこの、いちばんみなさんが使いやすい花かつおの
製造工程をじっくり最初から最後まで見せていただき
販売している私たちもとても勉強になりました。

こうやって製造工程をひとつひとつ見せていただくと
美味しい花かつおを作るために、どのようなこだわりを持って
どのようにして作られているのかということを
知ることができるので、より商品にも愛着がわきますね〜
そしてそのことをよりたくさんのお客様に知っていただきたい!
という思いもますます強くなりました。


案内してくださった采女商店・社長さんも
とても熱い思いを持った方なので
お話ひとつひとつにもとても情熱を感じました!
というわけで、采女商店さん工場見学は次回に続きまーす!






 
1
pagetop